Pocket
LINEで送る

飲食店の多くは、これからテイクアウトを導入するお店は増えてくる傾向があります。軽減税率の対象となることから、飲食店経営をするには大きなこれからの動きを検討して行く必要があるでしょう。飲食店をこれから始める人、飲食店のテイクアウトを検討中の方はテイクアウトのメリットや始める前の確認事項を確認していきましょう。

スポンサーリンク

テイクアウトが注目される理由!導入する理由は?

今、飲食店で注目を浴びているテイクアウトの現状です。飲食店で食事をするのが外食、自宅で調理をして食べるのが内食、その間で注目を浴びているのが中食です。

共働きの家庭が多い傾向になる中、家に帰る前に飲食店のテイクアウトで買って家で食べる事が増えてきています。消費税増額が先延ばしになった事も、大きく関係してきます。なぜならテイクアウトは軽減税率の対象となることから、飲食店でのテイクアウトが増える傾向になることが期待されます。

飲食店へテイクアウト導入するメリット

飲食店でのテイクアウトを導入するメリットといえば、何と言っても席数に縛られることなく売り上げを上げれるといった点です。客数が30席のお店だと、客単価1500円で3回転した時で135000円といった感じで時間や場所に対する単価となってきます。

テイクアウトはその辺りを考える必要性はありません。テイクアウトだと、来ていただいて買っていただく時間だけなので、多くの手間も省け流メリットもあります。店舗の味を家庭で味わえるのも嬉しいメリットです。

テイクアウトを始める前に知っておきたい5つのポイント

テイクアウトは導入するメリットはありますが、ただ導入するだけではダメだと言う点も知っておかないといけません。実例で、売り上げがダウンしたお店が営業できなくなる事もありますので、押さえておきたいポイントはしっかり押さえておきましょう。

ポイント1:許可は必要か

飲食店でのテイクアウトに許可は必要?。基本は飲食店営業許可があれば許可は必要ないようにはなっていますが、はじめてテイクアウトを開始される場合は念の為にも管轄の保健所に相談される事をオススメします。

後で保健所から指摘されるようなことが無いようにしておきましょう。

ポイント2:備品の用意

テイクアウトでは、持ち帰りする時に必要なパックやお箸やスプーン等が必要になります。飲食店で食べるのでしたら、何不自由に食事は食べれますがテイクアウトとなれば忘れがちになると思いますので、忘れないように事前に用意はしておきましょう。容器も重要ですが、衛生面の事を考えてウェットティッシュがあればとても良いでしょう。

ポイント3:単価設定

テイクアウトの価格設定は、ランチやディナーに行かずに少しでも食事にかかる費用をおさえようとする人を考えておく必要があります。価格帯はできる限り地域に合わす必要もありますので、地域にあった価格を調査しながら決めていきましょう。

だいたいのテイクアウトの平均価格は、スナック系だと300円から500円、お弁当は 300円から800円ぐらいが妥当な価格ではないでしょうか?

ポイント4:テイクアウト向き料理はどんなものがいいか

テイクアウトできる商品は、お店にある料理全部が理想ですがある程度もテイクアウトできる料理を絞って提供する必要もあります。テイクアウトが向いている商品は、コンビニにも並んでいるスナック系ではないでしょうか?唐揚げやチキンやフランクフルト等は人気商品です。

弁当もテイクアウトには向いていますが、汁物・ラーメン等がテイクアウトには不向きでしょう。予め、容器の準備も必要となるのでテイクアウトできる料理は決めておくと良いでしょう。

ポイント5:提供する速さの工夫

テイクアウトで一番最優先しないといけないのが、提供する時間だと言われています。お店と一緒にテイクアウトの商品を提供するお店だと、食事をするお客様との時間も考えながら配慮しないといけません。

ですので、提供システムをテイクアウト専用で作る事もオススメします。飲食店は慌ただしい中、料理提供がされる中、トラブルも多く発生するのでテイクアウトのメリットである提供する速さを工夫して考えましょう。事前予約システムを導入すると効果的です。

飲食店でテイクアウト導入するのはメリットがある

仕事で忙しい家庭、一人暮らしの家庭、ニーズは大いにあります。テイクアウト専門店は、小人数から営業もできますのでニーズをしっかりとキャッチして販売場所やメニューの考案には力を入れて開業がオススメです。

飲食店からテイクアウトを増やす場合も、システム作りに時間や手間がかかりますが全体のバランスを考えて地域に愛される店作りをしていきましょう。

WEBで集客をしたいならまずはGoogleMapに表示される設定を

日本人スマートフォンユーザーの7割がGoogleを使っていると言われています。また、検索したときに一番目につくのはHotPepperや食べログよりも上位に表示されるGoogleマップの欄です。

Googlemap成果 Googleマップの正しい集客方法で効果が300倍向上したという事例が下記ボタンから確認することができます。

どのようにGoogleマップで300倍の集客効果をもたらしたのか。ぜひ参考にしてください。

GoogleMap集客導入事例と効果

Pocket
LINEで送る