Pocket
LINEで送る

画像出典:猿楽珈琲|食べログ

誰にも教えたくない、そっと愛され続けて欲しい名店というものは、喫茶店においても確かに存在します。上大岡の隣駅「弘明寺」に位置する喫茶店「猿楽珈琲」。もともとは代官山に店舗を構えていましたが、近年は神奈川県横浜市の弘明寺に移転しています。

一杯ずつ時間をかけてネルドリップされるコーヒーは、砂糖とミルクが付されることはなく、ブラックでコーヒー本来の美味しさを愉しみます。今回は猿楽珈琲でしか味わえない「本物のコーヒー」をお伝えします!

スポンサーリンク

「隠れ家喫茶」と呼ぶのもおこがましい、特別な空間

猿楽外観画像出典:猿楽珈琲|食べログ

ブルーライン「弘明寺駅」の一番出口に下車し、下町感溢れる商店街を通り越しに横目に見ながら徒歩1分。表立った看板などはなく、大通り沿いにさりげなく佇んでいます。

初来店だと、注意しないと見落としてしまいそうです。でも、引き戸を開けてひとたび中へ入れば、そこには日常から完全に隔離されたかのような世界が広がっていました。間接照明に照らされる薄暗い店内は、あたかも芸術作品の中に入り込んでしまったかのような美しささえ感じさせます。

基本、コーヒーはブラックのみ。でも飲みやすい。

猿楽コーヒー画像出典:猿楽珈琲|食べログ

猿楽珈琲のメニューは、ドリンクはコーヒーのみ、お食事もチーズケーキやトーストのみで、喫茶店の中でも極めてシンプルなラインナップとなっています。また、コーヒーは「ふつうのコーヒー」「にがめのコーヒー」など幾つかバリエーションがありますが、基本的に砂糖とミルクは付かず、ブラックで味わいます。

コーヒー画像出典:猿楽珈琲|食べログ

ブラックが苦手な方は、豆乳珈琲があるため、そちらがオススメです。でも、このブラックコーヒーはうま味を凝縮しつつも苦みがキツ過ぎる事がなくとても飲みやすいですし、何よりも美味しい。月並みですがこの一言に尽きるのです。本当においしいコーヒーというのは、ブラックで飲んでこそコーヒー本来の美味しさを味わえる、という事がよく分かるでしょう。また、豆はテイクアウトも可能。コーヒー好きの方には是非一度訪れてみて欲しい喫茶店です。

この料理が食べられるお店はここ

店舗名:猿楽珈琲(さるがくこーひー)
URL:https://sarugaku23.jimdo.com/
住所:神奈川県横浜市南区大岡2-32-4
アクセス:ブルーライン「弘明寺」駅から徒歩1分
営業時間:平日 13:00~20:00
定休日:不定休(HPに休業日を記載)
※全席禁煙 コーヒーに砂糖・ミルクは付きません
Pocket
LINEで送る