Pocket
LINEで送る

「お店の口コミが増えない!」と悩みを抱えている店舗経営者は多くいます。店舗を経営では、集客に大きく関わる口コミの評価は気になるところですよね。

現代では、SNSの普及もあって実際に訪れたお客様の声が広まりやすく、SNS集客という言葉もあるほど、リアルでスピード感のある口コミは重要視されています。しかし、良い口コミばかりを集めるのは簡単ではありません。今回は飲食店で集客が左右されるGoogleマップの口コミ評価を上げる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

店を選ぶ判断に口コミが使われる

Googleマップを開いて「近くのお店」と検索すると、現在地からほど近い距離にある飲食店にピンが立ちます。ユーザーはその中からお店を選ぶのですが、このとき店舗を選ぶ判断基準の一つが「口コミ」です。そのため、口コミの量と質、評価の星の数がとても重要になってくるのです。

口コミが増えると検索順位が上がることも!

Googleマップでの掲載順位が上がると、地名とお店のジャンルをGoogleで検索してお客様が見つけやすくなります。すると、新規お客様が店舗へ来店する確率がぐっと高くなります。

Googleマップで掲載順位を上げる方法はいくつかあるのですが、その一つに口コミが関わってきます。ただ、訪れたお客様が必ず口コミを書くとは限りません。

お客様が満足する店舗作りを目指すことはもちろん、地道にお客様に呼びかけていくなど工夫が必要になってきます。

だからといって、

  • 店舗関係者が良い口コミを大量に書く
  • 口コミを書くことで金銭的なメリットをお客様に与える

こういったやらせの口コミ行為は禁じられています。実際に訪れたお客さんに対して、口コミで高い評価を書き込んでもらうことと引き換えに金品の授受や、サービスの提供を行うのはアウトです。

バレないように口コミを増やすには?

自演自作の口コミをバレないように増やすことはできません。同一機種からの度重なる口コミはGoogleは評価しませんし、店舗関係者に書いてもらっても、その違和感がお客様に伝わってしまう可能性があるので、せっかく来店した人をリピーターにつなげるのが難しくなってしまいます。

いかにお客さんと仲良くなってフラットな関係を作れるかになります。来店したお客さんと仲良くなって口コミを口頭でお願いするといった形がもっともベターで、法にも触れないでしょう。

せっかくのご縁で来店したお客さんと良い関係性を築き、口コミをお願いしたらすぐに良い評価を書き込んでくれるような魅力的な店づくりに努めましょう。

業者に頼むのもあり!しかし注意が必要

「とにかく早くお店の評価を上げたい!」という人もいるでしょう。その場合は、業者に頼んで覆面調査員を派遣してもらうのもひとつの手です。

業者に金銭の引き渡しのもとにサクラを頼んで良い評価を行うと、完全にアウトになりますが、覆面調査員という名目でお店の従業員もだれが調査員なのかわからない状況で接客し、口コミを入れてもらうのはセーフです。

覆面調査員は帰宅後、そのお店に対する口コミを入力するまでが業務です。そのため、評価の良し悪しに関わらず、口コミ件数自体は増やすことができます。一般のお客さんは来店して満足しても自発的に口コミを書くこと自体稀ですので、最初は口コミの件数を増やすことを目的として挑戦してみるのも良いでしょう。

お客さんを満足させることが店の評判につながる

口コミは評価をわざと上げるように示唆するのはNGで違法とされています。しかし、その中で、件数を増やすことを目的として業者を使ったり、仲良くなったお客さんに直接お願いしたりできます。

評価の件数を増やせても星の数が少なければ意味がないので、やはりお客様を満足させることを一番に考えるべきでしょう。シンプルで当たり前のことのように思えますが、その当たり前のことをしっかりと行っていれば店舗の繁栄につながるでしょう。

Pocket
LINEで送る